February 20, 2013

Sister Ray / Velvet Underground

長尺ものの苦手な私が珍しく聴き通すことのできる曲。
14分50秒過ぎの一瞬の加速は必聴です。(こらこら ここでFade Outしてはいけませんぞ! Sister RayはYou Tube泣かせでした。他にも収まり切らずに分割したものが)

ユリイカ 1976年(昭和51年)9月号 特集 ビートルズ 甦える神話より。

1302eureka

VELVET PARADOX ヴェルベット・アンダーグラウンド 村上龍(P34)
...ヴェルヴェットにはいかなる意味のロックの伝統もない。ヴェルヴェットは"生きたLSD"の役目を果たしただけである。そしてその方向はより高度に進められて"シスターレイ"でピークに達する。
...一線を越えるとコミュニケイトをあっさりと放棄する狂人になってしまう。思うにあの"シスターレイ"はそのギリギリの線なのだ。あれ以上突っ込むとどうしようもない袋小路に足をとられることになる。J・ケイルにしても、ルー・リードにしても、その袋小路に気が付き、自分の個性を活かした新しいサウンドへと移らざるを得なかっただろう。
 写真で見る限り、モーリン・タッカーはとてもかわいい。この娘が一七分に及ぶ"シスターレイ"のあのビートを叩いているとは信じられない。
ヴェルヴェットアンダーグラウンドは結論として、とても優しいグループなのだ、岡本公三がとても優しい人であるのと同じ意味で......。(1974年)


対話 ビートルズ原点 村上龍 東野芳明(P100)
ヴェルヴェット・アンダー・グラウンド
東野
 あなたの小説に出てくるロック・グループの名前、わりと知っているのが多かったね。ドアーズ、ピンク・フロイド......三つぐらい知らないのがあったけど、ドアーズの「ジ・エンド」ってよかったなあ
。  あのウォーホールと一緒にやってたヴェルヴェット・アンダーグラウンド、あれ、ぼくは偶然だけど、最初にニューヨークでやってたのを見たんですよね、あれが一種のああいうものへの......。
村上
 六五年ごろでしょ。
東野
 そうですね。ちょうどぼくがロックフェラーの招待で行ってたのが六五、六年ですから。「ドム」っていうイースト・ビレッジのでっかいとこでやってた。
村上
 いいなあ、あの頃は。
東野
 ニコって女の子がスターでね。
(村上さんの「甘い生活」のニコについての薀蓄は省略)
東野
 あ、そうなの。
村上
 頽廃の溜息みたいなムードでさ。
(東野さんのニコやライトショーについての感想も省略)
村上
 モノクロームなんですか。
東野
 モノクロームなんですね。
村上
 ニューヨーク......?
東野
 ニューヨークの「ドム」。
村上
 まさにニューヨークなんだな、ニューヨークって行ったことないけどモノクロームって感じするからな。

村上さんの初心で羨ましそうな感じがとても好いです。
「どうしてその場に居合わせたのが 私ではなくてあなたなのか!!」という思いがひしひしと伝わってきます。

「ヴェルベット・アンダーグラウンド」「ヴェルヴェットアンダーグラウンド」「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」「ヴェルヴェット・アンダー・グラウンド」と表記は4種類。

肝心の「特集 ビートルズ 甦える神話」の執筆陣を眺めると
(括弧内は当該執筆者のWikipediaの記載行数 ただし100行以上の方は数えるのが面倒になったので100行以上と表示)
 サージェント・ペパー 片岡義男(100行以上)
 われらの同時代人 萩原朔美(100行以上)
 疎外者の集団 南博(61行)
 対話 ビートルズ原点 村上龍(100行以上) 東野芳明(43行)
 ビートルズとジョイス 大澤正佳(18行)
 鏡になったかぶと虫 田川律(52行)
 詩を書くときに音楽があった 鈴木志郎康(97行)
 All Together Now 大西赤人(38行)
 ビートルズは昔の方がいい 北中正和(15行)
 ビートルズをふりかえるな 黒田恭一(46行)
 サージェント・ペパー 三井徹(53行)
 ロックの時代 渋谷陽一(100行以上)
 対話 現代の吟遊詩人 谷川俊太郎(100行以上) 小室等(100行以上)
 ビートルズへの逃亡 清水哲男(57行)
 崩壊する神話 鍵谷幸信(7行)
 ジョン・レノンセンス論 高橋康也(70行)
なんと全員がWikipediaに登場するある種の著名人。
ただし なぜか全員が男性のようです。
アイドル時代のビートルズを知るものとしては 何故 熱狂的に支持していた乙女たちに 来日後10年経った時点の心境を語らせないのかとの疑問が残ります。
当時 我ら男子は女子の迫力に気押され 遠慮がちにビートルズを支持しておりました。
ということで 本来の支持層であった乙女たちを差し置き 我ら男子がビートルズについて滔々と語るのは「僭越」で「はしたない」との思いが 私の世代にはあったはずなのですが...

ニューヨークの画壇を活写した「帰ってきたミス・メルヴィル / イーヴリン・E・スミス」を海外推理小説に追加しました。

1302melville

帰ってきたミス・メルヴィル / イーヴリン・E・スミス
(早川書房 1989)
主人公:スーザン・メルヴィル(画家)

殺し屋家業から離れ 画家として脚光を浴びる主人公は ある画廊のオープニング・パーティーに招かれスピーチをするまでに。 ところがそのパーティーでデビューした新進画家がヘロインの過剰摂取で死亡 さらに画廊のオーナーが殺害されてしまいます。 美術評論家や代理人など画壇の裏事情の描写が興味深いです。 伏線などが明確で分り易く  楽しく読み進めることができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2012

Freight Train / Elizabeth Cotten

我々の世代には Peter Paul And Maryでお馴染みの曲です。

Jimi Hendrix師と違って 松崎しげるさんやAlbert King御大同様 弦も右利き用のままですね。
一見弱々しそうながら芯の強そうな佇まいのElizabeth Cotten嫗はなかなか好印象。
同じくFolk Revival一派の大御所Odetta嫗の格調高く教養が滲み出る歌唱と対照的です。

「スリーピング・ドール / ジェフリー・ディーヴァー 下巻 (P419)」より。
...またギターを弾く。エリザベス・コットンの『フレイト・トレイン』のフィンガーピッキング・バージョン。これほど耳について離れないメロディがほかにあるだろうか。これから何日も頭のなかで繰り返し流れ続けることだろう。

ほかにも

まずは和音とアルペジオで肩慣らし。次にボブ・ディランの『トゥモロー・イズ・ア・ロング・タイム』。(P415)
ポール・サイモンの歌を爪弾き、歌詞があやふやなところはメロディをハミングした。(P416)
ダンスはギター向けに編曲されたインストゥルメンタル曲を弾き始めた。"アイルランド最後の吟遊詩人"と呼ばれる盲目のハープ奏者、ターロック・オキャラン作曲の古いケルト音楽だ。(P417)


などの記述が。

ということで 嘗てのFolk少年の心を揺さぶる「スリーピング・ドール / ジェフリー・ディーヴァー」を海外推理小説に追加しました。

1205sleeping

スリーピング・ドール / ジェフリー・ディーヴァー
(文藝春秋 2011)
主人公: キャサリン・ダンス(カリフォルニア州捜査局(CBI)捜査官 尋問の天才)

「ウォッチメイカー」に登場した尋問の天才が主人公。 「マンソンの息子」という異名を持つカルト集団のリーダーが脱獄。 当日別の事件の件で 彼を尋問していた主人公が捜査を指揮することに。 いつもなら犯人側を応援するのですが 「連合赤軍リンチ事件」の山本保子さんや頼良ちゃん 「世田谷一家殺害事件」の宮沢さんなどが頭に浮かび 追い詰める側に感情移入を。 「ウォッチメイカー」を読んだ時は リンカーン・ライムの相方アメリア・サックスの方に愛着を感じていましたが 主人公の音楽嗜好はなかなか興味深く 一気に好感度上昇。

「スリーピング・ドール / ジェフリー・ディーヴァー 上巻 (P345)」
...サンノゼは、ハル・デヴィッド作詞、バート・バカラック作曲の60年代のヒット曲『サンノゼへの道』にかいまみえるロサンゼルスのナルシシズムとは対極に位置する街だ。もちろん、現在は、シリコンヴァレーの繁栄を映して、サンノゼもそれなりの自尊心を誇示するようになってはいるが。

「スリーピング・ドール / ジェフリー・ディーヴァー 上巻 (P395)」

モンテレー・フォーク・フェスティバルでは一九六五年、ボブ・ディランが初めて西海岸で公演を行ない、その数年後にはさらに有名なモンテレー・ポップ・フェスティバルと名を変え、これに出演したのをきっかけにジミ・ヘンドリクスとジャニス・ジョプリンは世界の注目を集めることとなった。

「モンテレー・ポップ・フェスティバル」という表記に反応。
Monterey Pop Fes.は 従前より「モントレー」と「モンタレー」の表記がありましたが 新たに「モンテレー」が参入した形か。
「サンノゼ」はBossa Rioの「サン・ホセへの道(Do You Know The Way To San Jose)」の方が 我々の世代には一般的かと。これ自体それほど違和感はないのですが 「ロサンゼルスのナルシシズム」とは感じたことがなかったので 少し反応。
一応「チリテス(Chi-Lites)もの」に加えておきましょう。

ところで 読んだはずの「ウォッチメイカー」が見当たりません どこへいったのでしょう...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2011

Levi Stubbs' Tears / Billy Bragg

Talking With The Taxman About Poetryより。

カーデッキにビリー・ブラッグの<トーキング・ウィズ・ザ・タックスマン・アバウト・ポエトリー>のテープを入れて聴いていたわたしは、ワイパーがウィンドウを拭く音に負けじと、ボリュームを上げた。

音楽に造詣の深いジョージ・P・ペレケーノスの処女作「硝煙に消える」より。(P167)

他にも80年代を中心に様々な記述が。

(P60)
Tシャツこそレッド・ツェッペリンからマイナー・スレットに変わっているものの、写真の中の少年は、まさに十数年前のわたしだったのだ。
(P89)
わたしはカセットデッキにテープを押し込みかけたが、HFS局でトム・Tが、キャンパーバン・ベートーベンの<ワン・オブ・ジーズ・デイズ>というレゲエ調のご機嫌な曲をかけはじめたので、そのままカーラジオを聴くことにした。
(P97)
DJは、ビッグ・オーディオ・ダイナマイツの十二インチバージョンによる<ハリウッド・ブールバード>をかけはじめたところだった。
(P103)
わたしはポーグスの曲をテープデッキに放りこみ、<ボーイズ・フロム・カウンティ・ヘル>が流れてきたところでボリュームをいっぱいに上げた。グループの冒?ともいえるほどパンク風に荒々しく味付けされたアイルランド音楽に合わせて、マッギネスは歌おうとしたが、ほとんどはカーメリータと笑ったりいちゃついたりしていた。
(P114)
店の小さなスピーカーからは、パブリック・エネミーズの<ブラック・スティール・イン・ジ・アワー・オブ・ケイオス>が鳴り響いていた。
(P120)
 そしてロッキングチェアを部屋の真ん中からどかし、トミー・キーンのEP盤<プレイセズ・ザット・アー・ゴーン>をターンテーブルに乗せ、ボリュームを最大にして、縄跳びをはじめた。
(P220)
カーステレオではジョナサン・リッチマンが女の子に、ボストン大学なんてやめちまえ、とそそのかしていた。

Modern World / Modern Lovers

'Cause I'm In Love With The USA Now
I'm In Love With The Modern World Now
Put Down Your Cigarette
And Drop Out Of B.U.
(Boston University)

などなど。

とても全部は書ききれませんので この辺できりあげて「硝煙に消える / ジョージ・P・ペレケーノス」を海外推理小説に追加しました。

1102pelecanos

硝煙に消える / ジョージ・P・ペレケーノス
(早川書房 1997)
主人公: ニック・ステファノス(広告ディレクター)
ペレケーノスの処女作とのこと。 後に探偵となる主人公がまだ広告ディレクターだった時の話。 同じ会社で働いていた少年が職場放棄で その後行方不明に。 今ひとつ会社人間になりきれぬ主人公が 何故かその少年の祖父に捜索を頼まれることに。 スキンヘッドと美女と3人で行動していたことが分りましたが 麻薬絡みの騒動に巻き込まれてしまいます。 後の作品同様一気に読了しましたが この作品から読み始めていたら 以降の作品群を読み続けなかった可能性も...

ただ 早川書房は ジャズはともかく その後の魂よ眠れ同様 ポップスには結構苦戦を強いられているようです。

(P91)
 この手のニューウェーヴは、80年代初期にあらわれたものだ。当時はディーヴォが<ホイップ・イット>という斬新な曲をヒットさせて上位四十位入りを果たしてからというもの、大手レーベルは争うようにして、細ネクタイや奇抜な髪型をしたグループと契約を結びはじめた。ちょうどこのころ、アングリー・ヤング・メンやエルビス・コステロやグラハム・パーカーのように独創的な才能を持ったアーティストたちが、デュラン・デュランやフランキー・ゴーズ・トゥー・ハリウッドのような格好ばかりで才能のないグループに押されていた。

「アングリー・ヤング・メン」はコステロのことかと。

(P129)
「今夜のバンドは?」
プリミティブズ、それにブロンディ・ヴィア・ザ・ジーザスと、メリーチェーンよ」彼女はさらりと答えた。

多分「プリミティブズよ、ブロンディ経由ジーザス・アンド・メリーチェーンって感じ」ということかと。
(P210)
その年人気のピンナップガールは、プリテンダーズのクリシー・ヒンデだった。

「クリシー・ヒンデ」は一般的に「クリッシー・ハインズ」でしょうね。

(P292)
わずかなレコードコレクションに目をやると、並んでいるのはボストンズデビュー、REOスピードワゴン、カンザスといった、典型的な袋小路(デッドエンド)ロックだった。

「ボストンズデビュー」は「ボストン」のデビューアルバムかと。

判じ物めいていて ミステリーファンのPops爺には二重の楽しみです。
単に表記の問題なので 多少ともロックやポップスに接してきたものには その見識の高さは充分伝わってきます。
気にしないで どしどし出版してくださいね。
ともかく 久々のチリテス(Chi-Lites)ものということに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2010

A Nightingale Sang In Berkeley Square / Anita O'Day

Anita O'Day / This Is Anitaより。

緑のハートをもつ女 / ローレンス・ブロック(P158)。
私たちはラジオから流れるアニタ・オデイの歌声に耳を傾けた。ナイチンゲールのことを歌った、なんとかいう歌だった。部屋はその歌声と同じくらいけだるい雰囲気に包まれていた。


ということで 「緑のハートをもつ女 / ローレンス・ブロック」などを海外推理小説に追加しました。

1009arron_3

暗い森 / アーロン・エルキンズ
(早川書房 1991)
主人公: ギデオン・オリヴァー(人類学教授)

「スケルトン探偵」第二作とのこと。 アメリカ北西ワシントン州の雨林帯で発見された白骨の鑑定を。 インディアンの骨とともに発見されたのは 6年前に行方不明となったハイカーの骨と鑑定。 ビッグ・ フットのような足跡も見つかり 犯人は果たして未開民族なのかそれとも猿人か... 人類学者としては 未開民族との出会いに心踊らせている様子。 また愛妻ジュリーとの出会い場面も。

1009block2

緑のハートをもつ女 / ローレンス・ブロック
(東京創元社 1990)
主人公: ジョン(ジョニー)・ヘイドン(刑務所帰りの元詐欺師)

処女作から数えて3作目の長編とのこと。 詐欺で7年間入獄していた主人公。 今はボーリング場の副支配人となり 将来の酒場兼ホテル経営を夢見て貯金・勉強に勤しみ地道な生活を。 ところが同業者(詐欺師)が訪ねてきて 仕事の誘いを。 標的の土地成金にその愛人と一筋縄では行かぬ登場人物たち。 誰が誰を騙すことになるのか興味津々。 一気に読了。

1009bunshun

それはさておき 大阪地検。 そもそも 大阪高検公安部長三井環さんが 調査活動費の裏金化を内部告発した時点での対応が間違っていたのでしょうね。
文藝春秋2010年10月号「私は泣かない、屈さ(し)ない 村木厚子 取材・構成=江川紹子」(P94)

遠藤裕介検事
遠藤検事は、わりと常識的な取調べだったと思いますが、それでも私が激しく抗議したことがあります。
遠藤検事から「執行猶予が付けば大した罪ではない」と言われた時です。
その後に取調べを担当した國井弘樹検事にも同じことを言われました。


國井弘樹検事
遠藤検事の後の國井検事とは、全然気持ちが通じませんでした。
(中略)
何しろ、思い込みがとても激しい。たとえば、キャリアとノンキャリアは常に対立していて、ノンキャリアの人たちは汚い仕事ばかりさせられて、それが嫌でたまらないと言うんですよ。
(中略)
そういえば國井検事は、和歌山の毒入りカレー事件について、「あの林真須美さんもここ(大阪拘置所)にいるんですよ。あれだって、本当は誰がやったか分からないですよね」なんて言うんです。
(中略)
國井検事には、役所は議員案件に弱いという思い込みもありました。
(中略)
議員が紹介してくる団体はろくな所ではないという思い込みもありました。


前田恒彦検事
事情聴取(石井一議員の)を担当したのは、この事件の捜査の主任を務めた前田恒彦検事。
石井氏は、二〇〇四年の手帳をすべて持って臨んだが、前田検事は興味を示さず、ぱらぱらとページをめくった程度だった、という。


見出しが「屈さない」ではなくて「屈しない」なら ある程度の評価ができたのですが この見出しでは評価は無理かも。 残念ながら 話題の「前田恒彦検事」への記述もごくわずか。 江川さんは「張本騒動」以降 ちょっとスランプかも。結局 「文藝春秋対朝日新聞」の対決は朝日新聞の圧勝ということに。 文藝春秋来月号の「新聞エンマ帖」が楽しみです。
おそらく 検事さんたちにとって「執行猶予が付けば大した罪ではない」ので 多分罪を認めるだろうという認識だったのでしょうが 一般常識とのずれは大きかったようです。

この前田・國井組の思い込みと正義感は 「偽メール」の前原・永田組や「仕分け」の枝野・蓮舫組にも垣間見られるもので ちょっと幼稚で短絡的で怖いですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2010

See See Rider / Eric Burdon & Animals

See See Riderは C. C. Riderでもあり Easy Riderでもあるということらしいです。

Jimmy Rushingの歌唱をお聞かせしたかったのですが  You Tubeではみつかりませんでした。
Gertrude "Ma" Raineyに近い ゆったりした歌唱。
Listen To The Blues(Vanguard盤)の Side1の1曲目。

ということで Listen To The Bluesの油井正一先生の解説を引用。

(前略)
 「シー・シー・ライダー、おまえは俺を惚れさせた。恋人よ、俺は出てゆこうと思う。秋まで戻るまい。もしいい娘をみつけたら、永久に戻らないことになろう。」
ここでピアノ→クラリネットの間奏。
 「俺はピストルを買って、恋人を撃ち、貨物列車に乗ろう。もし恋人がみつからなければ、そのまま貨車に乗ろう」。マ・レイニーの原作は、ここが「私で満足できない男が、どうして他の女で満足できようか」となっている。
 ひどく殺気立ってきた原因は、テナーの間奏を経て、最終節に入ってやっとわかる。
 「シー・シー・ライダー、ゆうべは何処に泊まったんだ。靴の締りは悪いし、服も乱れている。お日様が出るまで、お前は帰ってこなかったんだ」
 マ・レイニーの歌では、情人に裏切られた女のブルースになっているが、ここでは男の立場に転置されている。


理路整然としていて 実に学ぶところの多い解説です。
ただ Rock / Pops小僧は読まなかったかも。
やはり 私には伊藤政則先生や大貫憲章先生の文体が一番合っているようです。

因みにElvis Presley / On Stage: February 1970の木崎義二先生の解説では

シー・シー・ライダー
 まずはトラディショナル・ナンバーをプレスリー自身のアレンジで聞かせる。若いヒット・ソング・ファンにはエリック・バードンとアニマルズの歌で知られるようになったこの曲も、もとはといえば黒人の間から生まれたブルーズで、今までにも多くのブルーズ・アーティストがレコーディングしている。しかし、近頃ではロック・グループの重要なレパートリーの一つになっているようだ。(以下略)


木崎先生から見て 「若いヒット・ソング・ファン」とは 当時の私のような小僧を指します。
油井正一先生は「ブルース」ですが 木崎義二先生は濁点の「ブルーズ」です。ただし 木崎先生はギタリストのJames Burtonの表記は「ジェームス」と。

こちらはC. C. Riderですね。

GuitarはJames Burton。

ともかく Jimmy Rushing / Listen To The Blueをヴィニール・コレクションに追加しておきました。

1001rushing

Jimmy Rushing / Listen To The Blues / 1976年
Crooner好きの多いJazz Vocal Fanにとっては泥臭すぎ Moan & Shoutな節回しの好きなRural Blues Fanには泥臭さが物足りなくて(Guitarも弾かないし) 日本では立ち位置がはっきりせず 知名度は意外に低めかと。ということで まずはJimmy Rushing御大の人と形を 油井正一先生の解説で。

 同じカンサス・シティのアンディ・カーク楽団で働いていた女流ピアニスト、メリー・ルウ・ウィリアムズは、こう語っている。 「ベニー・モーテン楽団で歌っていた頃から、可愛らしい感じのジミー・ラッシングのことはよく知っています。ふつうのブルース歌手とちがって、ジミーは楽譜がよめました。またその当時の歌手は、マイクロフォンの代わりにメガフォンを使って歌っていたものですが、ジミーの声は10ブロックのかなたにいてもきこえました。ジミーは私やバンドメンの妻たちと、とても仲がよかったのです。彼はピアノを弾いて、すばらしいバラードをきかせてくれましたが、またY談の名人で、女性がまっ赤になるのが面白いらしく、私たちを笑わせ続けました」
(ヒアー・ミー・トーキング・トゥ・ヤ P302)

また ビリー・ホリデイとレスター・ヤングが賭博で負けて一文無しとなり ジミーに無心したところ 説教を聞かされた上 お金も貸してもらえなかったとの逸話も披露。
この辺の話は The You And Me That Used To Beの解説でも紹介なさっておいででしたが...
50代前半の歌唱ということで  豪放磊落な歌唱に円熟味が加わり 歌声が心に染み入ります。 そして Buddy Tateの豪快なTenorやPete Johnsonの溌剌としたPianoなどが絡み Freddie GreeneのGuitarにWalter PageのBassとJo JonesのDrumsとCount Basieの鉄壁のRhythm Sectionが支えます。 RockのAlbumですと あまり伴奏者には触れない私が つい伴奏者を列挙し讃えてしまうのは 潜在的なRock / Pops差別なのか。 それとも個々のPlayerの力量や際立つ個性のためでしょうか...

Count Basie Orchestra With Jimmy Rushing / I Left My Baby

SaxはBen Webster。 GuitarやBlues Harpと違って AmplifierやMicrophoneで人工的に増幅していませんが 大迫力です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 07, 2008

タモリさんの弔辞 (8月8日 補遺)

しかし、今お礼を言わ「さ」せて いただきます。

「さ」はいらないでしょう。

これを機会に「さ入れ言葉」が承認されることになる歴史的瞬間かも...

088tamori_3

>補遺
噂の真相 2002年3月号 顔面至上主義(P52)より。

088tamori2

ナンシー関さんのタモリ論
皆が見ているけれども、誰も見つめてはいないというある意味「テレビタレント」のひとつの到達点に至ったと言ってもいいかも知れない。
「誉めても大丈夫」という線引きは、「けなしても大丈夫」よりもかなり難しいと思う。

今回の弔辞を契機に タモリさんは芸能人・文化人の格式あるお葬式には欠かせない人になったように思います。
喜寿をお迎えになる頃には 森繁翁の後継者として告別式などでご活躍の予感が...

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 26, 2008

Holiday In Cambodia / Dead Kennedys

Dead Kennedys / Give Me Convenience Or Give Me Deathより。

085deadkennedys

VocalはJello Biafra(本名Eric Boucher)とのこと。
「海雪」を歌う好青年のジェロくんは"Jero"なので まったく別人です。
それにしても実に問題の多い芸名です。(Band名も曲名も問題がありますが...)
悪役揃いのプロレスラーのリング・ネームでは 
 "生傷男" ディック・ザ・ブルーザー
 "殺人鬼"キラー・カール・コックス
などが悪そうで好きでした。
それでもジェロ・ビアフラに比べれば随分穏やかな印象が。
そうそう「サロメ角田」という字・綽名・源氏名・愛称・芸名も妙に印象に残っています。
申し訳ないことに 私は何をなさる方かは存じ上げませんが...

ということで 穏当にヴィニール・コレクションに「初々しいDebutと字・綽名・源氏名・愛称・芸名」を追加しておきました。
 Grateful Dead / Grateful Dead
 はちみつぱい / センチメンタル通り
 Television / Marquee Moon
 Aswad / Aswad
 Elvis Costello / My Aim Is True

四川大地震では余震がまだまだ続いているようです。
四川省の成都といえば 三国志の蜀の国を思い出します。
そして諸葛亮の字(あざな)が孔明ということに。

0853goku1

「中国の歴史を歩く 駒田信二 文藝春秋刊(P134)」より
...孔明はいわゆる後顧の憂いをなくするために、南蛮征伐を行なっている。
そのとき、蛮将猛獲を七たび捕えて七たび放った末、ついに屈服させたことは「七縦七擒」という成語にもなっているが、孔明は降伏した猛獲を南蛮王に任じて、役人をとどめることなく引きあげたのである。
(中略)
 わが国は、朝鮮に、台湾に、満州国に、孔明が南蛮に行なったような政事を行なうことは、全くなかった。
これは必ずしも領土のことではない。
軍国日本には孔明にならう度量など全くなかったのである。

近年の中国と西蔵の関係で 中国は軍国日本型なのか蜀の国型なのか どちらなのでしょう。

0853goku2

ところで「七縦七擒」ですが

広辞苑 第六版 新村出編 岩波書店刊 (P1246)
七縦七擒(しちしょう・しちきん)
敵を七度はなって七度とりこにすること。

諸葛孔明 下巻 陳瞬臣 中央公論社刊 (P251)
「七擒(きん)七縦(しょう)」
もっとも孔明と猛獲との合意の上での出来レースとの解釈には納得の行かぬものがありましたが...

三国志を行く 諸葛孔明編 井波律子 山口直樹 新潮社刊(P111)
「七擒(きん)七放(ほう)」

実はTitleに使おうと思ったのですが どれを使うか迷ってしまいました。

これを機会に 今まで仮に「チリテスもの」としていたのを 格調高く「七縦七擒もの」に変更しようかと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2006

ハート悲しく / マーティ・バリン

0612balin
リトビネンコ氏やベレゾフスキー氏やマリオ・スカラメラ氏やアンドレイ・ルゴボイ氏と違ってMarty Balinさんには昔から色々な日本語表記が。
何だかぞんざいに扱われているようで少し悲しいです。
特に天辰さんの扱いは いじめに近いものがありますね。
(情報が画一化していないという風に好意的に解釈するべきか...)
「マーティ・ベイリン」
 レコード・コレクターズ増刊アメリカン・ロックVol.1 (P135他)
「マーティ・バリン」
 ニューミュージックマガジン 1969年9月号 (P44)
 アウトロー・ブルース ポール・ウィリアムズ 室矢憲治訳 (昌文社 P277)
「マーティ・バラン」
 ボランティアーズ(日本盤解説 大森庸雄)
「マーティン・ベイリン」
 別冊宝島 海外リアルロック名盤カタログ (P58)
「マーティン・バリン」
 ROCK CDで聴く名曲・名盤 693 (日本文芸社 P110)
「マイティ・ベイリング」
 ニューミュージック・マガジン 1978年1月号 (P74) 
「ミラクルズ」はマイティ・ベイリングの作品で...(天辰保文)

Jorma Kaukonenさんに色々な日本語表記があるのはわかるのですが...
この中では「コンコーネン」が好きです。
「ヨルマ・コーコネン」
 アウトロー・ブルース / ポール・ウィリアムズ / 室矢憲治訳 (昌文社)P277
「ジョーマ・コーコネン」
 ニューミュージックマガジン 1969年9月号 (P44 小倉エージ)
「ジョーマ・コウコネン」
 ボランティアーズ(日本盤解説 大森庸雄)
「ヨーマ・コーコネン」
 レコード・コレクターズ増刊アメリカン・ロックVol.1 (P137他)
「ヨーマ・コウコネン」
 アート・オブ・フォーキー (音楽之友社 P133)
「ジョーマ・コンコーネン」 
 ニューミュージックマガジン 1969年6月号 (P6 ニュース欄 板倉マリ・水上治)

岩波文庫と異なり ポール・ウィリアムズ氏の本は熟読したようです。
0612paul

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 27, 2006

羽鳥美保さんと「福与か」


0611miho


@Victor Entertainmentの羽鳥さん自身によるMiho Hatori『Ecdysis』の全曲解説を読んでいると

11.Amazona
...とある写真撮影のために、胸の無い私は、福与かな胸のある人のために作られた 服を着る羽目になりました。

という文章が。

「福与かな胸」という言葉が妙に気になりました。
私ははじめ「ふくよかな胸」若しくは「膨よかな胸」「脹よかな胸」の誤植・変換ミスだと思いました。
(一応岩波の国語辞典や広辞苑、Webの三省堂の大辞林、小学館の大辞泉などで確認。)

ところが Googleで「福与か」を検索すると約213件がヒット。
Yahoo!は遠慮がちに「ふくよかではありませんか?」と聞いてきますが やはり約232件がヒット。
漢字に弱い私が知らなかっただけで どうやらこの表記が認知されている気配も。

吃驚して 試しにパソコンで「ふくよか」を変換してみると 2番目に「福与か」と変換。(Microsoft IME スタンダード)
もしかしたら 「福与」は地名か苗字で「すみやか」「速やか」「角谷か」「角屋か」「住屋か」という変換と同じかも。

そういえば私も「びっくりして」を確かめもせず まさに機械的に「吃驚して」に変換していますので 同じような勘違いもありそうです。
「福与か」という言葉はなかなか雰囲気も好いので 私も使ってみようかしらん。

それはそうと 私はなぜ羽鳥さんのAlbumに興味を持ったのかが分からなくなってしまいました...
年は取りたくないものです。

とりあえずカテゴリーはチリテスものとしておきましょう。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

August 23, 2006

Stubborn Kinda Girl / Genya Ravan

Junkmanのような大仰なBalladでは もちろんPatti LaBelle姐さんには敵いませんが この曲やPedal To The Metalなどの小気味よいRhythmものでは大姉御に肉薄。
...And I Mean It!
1ravan

昔は「ジェニァ・レイヴァン」とか「ゲンヤ・レヴァン」とか色々な表記があったのですが 今はジェニア・レイヴァンがほぼ定着。

と思いきや Genya姐さんがProduceをして一部で話題になったDead Boys / Young Loud And Snottyの再発CD日本盤の表記は「ゲニャ・ラヴァン」と。
当然ながら 解説の大鷹俊一さんはGenya姐さんには言及していません。(2002年9月)
Deadboys

ニューミュージック・マガジン 1970年4月号
ニュー・スター登場(P83)
Ten Wheel Drive
...正確には「テン・ウィール・ドライヴ・ウィズ・ジェニァ・レイヴァン」という。
このジェニァ(Genya Ravan)はポーランド生れの女性で...
(水上はる子)

ニューミュージック・マガジン 1971年4月号
ロック・アーティスト辞典(P82)
テン・ホィール・ドライヴ
女性歌手ゲンヤ・レヴァンをフィーチュアしたホーン入り大型ロック・グループ。
ゲンヤはジャニス風のシャウト・シンガーでポーランド生れのエキゾティックな美人。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧