« April 2017 | Main

May 05, 2017

J.Geils Bandと和田弘とマヒナスターズや鶴岡雅義と東京ロマンチカとの相似性について

J.Geilsさんがお亡くなりとのこと。
謹んで哀悼の意を表します。

J.Geils Bandと申しますと Otis Redding with Booker T. & the M.G.'s / Memphis Hornsの普及版 廉価版 簡易版 機能限定版という感じで気軽に愛聴しておりました。
どうしてもOtis ReddingとPeter Wolf Magic DickとMemphis Hornsとを比較してしまい 多少聴き方が雑に...
またPeter WolfやMagic Dickの押し出しに比べ GuitarのJ.Geils御大は歌伴奏に徹していて若干地味な感じでした。
ただ 60年代Pops世代としては James Burton御大やSteve Cropper御大同様 歌伴奏GuitaristとしてJ.Geilsさんを高く評価していました。

売れてくるにつれ(Bloodshot辺り) Canned HeatのAl Wilson同様 次第に服装が派手になっていくのが面白かったです。特にSeth Justmanはちょっと痛かったです。
何故かBlow Your Face Out (1976年)以降と申しますか 脚光を浴びた1980年代以降には興味を失いました。

ともあれ 今般の訃報に接してNetを徘徊していると 晩年 Bandの他のMemberとの間で 和田弘とマヒナスターズのような確執を生じていたことを知りました。
残念でしたね。

松平直樹さんがPeter Wolfで 佐々木敢一さんがMagic Dickというところかと...
Pink Martini;との共演まで 和田弘さんがお亡くなりになったことを知りませんでした。合掌。

同じくリーダーがGuitaristの鶴岡雅義と東京ロマンチカは安泰のようです。
Faye Dunawayと結婚したPeter Wolfと異なり 三條正人さんはいまも仲睦まじく香山美子さんとお暮らしのようです。

ところで誰それ+Bandという楽団名は Blues業界ではMuddy Waters Blues Band, James Cotton Blues Band, Butterfield Blues Bandなどなど一般的ですが 後はSteve Miller Band, Ian Gillan Band, Edgar Broughton Band, Tom Robinson Band辺りしか思いつきませんでした。

また 懐かしのリバプールサウンズ時代の誰それとバンド名というのは いずれも少し古臭い感じがしました。
Billy J. Kramer & The Dakotas, Gerry & The Pacemakers, Wayne Fontana & The Mindbenders, Freddie & The Dreamers, Brian Poole & The Tremeloesなどは何となく音の方も時代遅れの印象が。

因みにそれ以外のGroupは Alan Price Set, Dave Clark Five, Graham Bond Organization, Spencer Davis Group, Manfred Mannなどなど。

日本では思いつくだけでも

フランキー堺とシティ・スリッカーズ
バッキー白片とアロハ・ハワイアンズ
ダニー飯田とパラダイス・キング
ハナ肇とクレージーキャッツ
原信夫とシャープス&フラッツ
宮間利之とニューハード
スマイリー小原とスカイライナーズ
ダン池田とニューブリード
ジミー時田とマウンテン・プレイボーイズ
井上宗孝とシャープ・ファイブ
ジャッキー吉川とブルーコメッツ
田辺昭知とザ・スパイダース
寺内タケシとブルージーンズ/バニーズ
などなど。
古色蒼然。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2017 | Main