« March 2017 | Main | May 2017 »

April 09, 2017

29th Grammy Awards(1987年)での一齣。Pops爺はどうしても舞台中央でのたうちまわるBig Jay McNeelyに反応。

Guitar & VocalのB.B KingとAlbert KingにRobert Cray。歌姫がKokoa TaylorとEtta James。さらにWillie DixonとJunior Wells。
この顔ぶれに Ry Cooderも目立たないながらも とても楽しそうです。

日本では サックス奏者といえば 何と言ってもSam "The Man" Taylorということになりますが...
尾藤イサオさんやほりまさゆきが出演なさったザ・ヒットパレードで 井上忠夫さんが奮闘していらしたのをかろうじて記憶。

そして 当時のBlues界の重鎮であらせられる日暮泰文さんや鈴木啓志さんの薫陶を受けるまでは Blues界の重鎮といえば Willie Dixon御大だと思い込んでおりました。
なにしろ British Invasion時代のRolling StonesからPsychedelic Music時代のDoorsやCreamに至るまで 挙ってWillie Dixon御大の楽曲を取り上げていたのですから。
私のような若輩者はWillie Dixon御大こそ Blues界の最重要人物と認識していた次第。

Rolling Stones / I Just Want To Make Love To You

Rolling Stones / Little Red Rooster

Doors / Back Door Man

Cream / Spoonful

Led Zeppelin / Bring it on Home

Led Zeppelin-I Can't Quit You Babe

他にもCaptain Beffheart / Diddy Wah Diddy, Doors / Close To You, Jeff Beck / You Shook Meなどなど。

ということでこの人達のこの曲サイケ時代(あ行からな行)の映像へのリンクを更新しておきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2017

なぎら健壱講師によると フォーク・なぎら理論の分類としては ムッシュかまやつさんは便乗型に属するとのこと。

6分40秒辺り。

1分50秒辺りのキャッスル・ゲイツからフロッギーズへの流れには吃驚仰天でした。

私はカントリー&ウエスタン世代でもロカビリー世代でもないので ムッシュかまやつさんを認知したのはスパイダーズ時代です。
当時からその卓越したポップス感覚には定評がありました。
BB5はもちろんのこと恋のドクター( Witch Doctor )やあの時君は若かった ( Fools Rush In )や黒ゆりの詩( Cherish )やエレクトリックおばあちゃん( Little Old Lady from Pasadena )などなど スパイダーズ時代からかまやつさんの単なる模倣では済ませない諧謔的で洒脱な音楽感性は群を抜いていました。
Associationといっても 日本でそれなりに流行ったWindyでもNever My LoveでもAlong Comes Maryでもないのです。
今の時代で言えば Hip Hop業界のSamplingを思わせる先進性に脱帽です。
スパイダーズ解散後のどうにかなるさ( Lonesome Whistle )も...
また独特Chord使いではCS&N?のDavid Crosbyを彷彿とさせました。
(5分30秒辺り)

髪型(帽子?)に関しても Rod Stewart風Hairstyleがお馴染でしたが スパイダーズ時代はBrian Jonesでした。
この辺りもかなり渋好みで 洒脱な人柄が忍ばれます。
さらに醐樹弦名義でビーバーズ / 君なき世界の作詞作曲をなさったり Vodka Collins時代のAlan Merrillとの交流など意外なところでその活躍を目にしました。
Arrows / I Love Rock N Roll(最後の最後2分42秒辺り)

これで生存率100%のグループサウンズはヴィレッジシンガースとタイガースぐらいになってしまいましたね。
頑張れ岸部四郎!!サリー&シローの「どうにかなるさ」は見つからず。

トルコ風呂(今のソープランド)でことに及んだ時に お相手の女性に毛もくじゃらの何かが降りかかり悲鳴を上げたという都市伝説も大好きでした。
いずれにせよ「かつら」とか「パクリ」とか「吉田拓郎」といった文言を用いることなく本稿を終えることが出来たことに安堵しております。
受け手によっては 内容的に死者に鞭打つ形になってしまいかねないので 投稿は少し間をおいた今ということに。
四十九日までは待てませんでしたが...
謹んで哀悼の意を評します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2017 | Main | May 2017 »