« なぎら健壱講師によると フォーク・なぎら理論の分類としては ムッシュかまやつさんは便乗型に属するとのこと。 | Main | J.Geils Bandと和田弘とマヒナスターズや鶴岡雅義と東京ロマンチカとの相似性について »

April 09, 2017

29th Grammy Awards(1987年)での一齣。Pops爺はどうしても舞台中央でのたうちまわるBig Jay McNeelyに反応。

Guitar & VocalのB.B KingとAlbert KingにRobert Cray。歌姫がKokoa TaylorとEtta James。さらにWillie DixonとJunior Wells。
この顔ぶれに Ry Cooderも目立たないながらも とても楽しそうです。

日本では サックス奏者といえば 何と言ってもSam "The Man" Taylorということになりますが...
尾藤イサオさんやほりまさゆきが出演なさったザ・ヒットパレードで 井上忠夫さんが奮闘していらしたのをかろうじて記憶。

そして 当時のBlues界の重鎮であらせられる日暮泰文さんや鈴木啓志さんの薫陶を受けるまでは Blues界の重鎮といえば Willie Dixon御大だと思い込んでおりました。
なにしろ British Invasion時代のRolling StonesからPsychedelic Music時代のDoorsやCreamに至るまで 挙ってWillie Dixon御大の楽曲を取り上げていたのですから。
私のような若輩者はWillie Dixon御大こそ Blues界の最重要人物と認識していた次第。

Rolling Stones / I Just Want To Make Love To You

Rolling Stones / Little Red Rooster

Doors / Back Door Man

Cream / Spoonful

Led Zeppelin / Bring it on Home

Led Zeppelin-I Can't Quit You Babe

他にもCaptain Beffheart / Diddy Wah Diddy, Doors / Close To You, Jeff Beck / You Shook Meなどなど。

ということでこの人達のこの曲サイケ時代(あ行からな行)の映像へのリンクを更新しておきました。

|

« なぎら健壱講師によると フォーク・なぎら理論の分類としては ムッシュかまやつさんは便乗型に属するとのこと。 | Main | J.Geils Bandと和田弘とマヒナスターズや鶴岡雅義と東京ロマンチカとの相似性について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76057/65129606

Listed below are links to weblogs that reference 29th Grammy Awards(1987年)での一齣。Pops爺はどうしても舞台中央でのたうちまわるBig Jay McNeelyに反応。:

« なぎら健壱講師によると フォーク・なぎら理論の分類としては ムッシュかまやつさんは便乗型に属するとのこと。 | Main | J.Geils Bandと和田弘とマヒナスターズや鶴岡雅義と東京ロマンチカとの相似性について »