« 2013年 新語・流行語大賞は「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」 | Main | すみだ川 / 東海林太郎・島倉千代子 »

December 05, 2013

Cups / Anna Kendrick

ck

今年は久方ぶりに 洋楽の流行傾向がわたしの嗜好周期と同期したようです。
前半はMacklemore & Ryan Lewisの2曲(Thrift ShopとCan't Hold Us) Blurred Lines / Robin Thickeを挟んで 後半のRoyals / Lordeで今年一年を語り尽くせそうな気もします。
そんな大ヒット曲に囲まれる中で Cups / Anna Kendrickには何となく心惹かれるものがありました。
Daft Punkも高品質の楽曲を披露したのですが 上記三者の快走に若干影が薄くなってしまったのが返す返すも惜しまれます。
FeaturingもしくはDuet歌手としてのPharrell WilliamsくんとChristina Aguilera姉さんの活躍も目立ちました。
蝋人形化が少し気になりますが 膨張気味(衝撃映像は2分50秒辺り)で一旦見限ったAguilera姉さんが元に戻ったのは誠に悦ばしいことです。

なかなか抑制の効いた歌唱です。
シャチのように攻撃的でダイオウイカのように他を圧倒するPatti LaBelle型のLady MarmaladeJames Brown Tributeの歌唱に若干の危惧を覚えたのですが どうやら杞憂に終わったようで一安心です。

ということで 今年よく聞いた曲をとりあえず10曲。
1. Thrift Shop / Macklemore & Ryan Lewis Featuring Wanz
2. Dead Mans Shoes / Virginmarys
3. Can't Hold Us / Macklemore & Ryan Lewis
4. Blurred Lines / Robin Thicke
5. Cups / Anna Kendrick
6. Get Lucky / Daft Punk feat. Pharrell Williams & Nile Rodgers
7. Royals / Lorde
8. Come Walk With Me / M.I.A.
9. Wake Me Up! / Avicii
10. Say Something / A Great Big World & Christina Aguilera

因みに 2012年の10曲2011年の10曲。 そして2010年の10曲

和物では依然きゃりーぱみゅぱみゅにご執心というところ。
その中で きゃりーぱみゅぱみゅと正反対に(やはり真逆という言葉は使えない...)CheapなPVのCharisma.comとゲスの極み乙女。が妙に気になりました。

Clock Strikes / ONE OK ROCK
にんじゃりばんばん / きゃりーぱみゅぱみゅ
インベーダーインベーダー / きゃりーぱみゅぱみゅ
ドレスを脱げ / ゲスの極み乙女。
HATE / Charisma.com

私が最低と感じたPV(楽曲)群。結構楽しめるのが玉に瑕です。

One Way Or Another (Teenage Kicks) / One Direction
The Fox (What Does the Fox Say?) / Ylvis
Ways to Go / Grouplove

上記楽曲に比べると地味ですがこの人達のこの曲サイケ時代(あ行からな行)の映像へのリンクを更新しておきました。
何だか1970年の仏国のTVはすごいと思いました。

Third Ear Band
Bridget St. John
Gary Burton Quartet
Magma
East of Eden

|

« 2013年 新語・流行語大賞は「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」 | Main | すみだ川 / 東海林太郎・島倉千代子 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76057/58699485

Listed below are links to weblogs that reference Cups / Anna Kendrick:

« 2013年 新語・流行語大賞は「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」 | Main | すみだ川 / 東海林太郎・島倉千代子 »