« 断腸亭日乗 昭和20(1945)年 8月15日より | Main | なんのかのと言っても 「噂の真相」は藤圭子さんの味方でした »

August 18, 2013

Sinner Boy & Gambling Blues / Taste

1970年のIsle Of Wight Fes.というと Jimi HendrixのLast StageEL&PのDebut Stageとして名高いようです。
さらにDoorsThe WhoFree あと若干地味ながらLeonard Cohenなどが有名です。
ただ Rory Gallagherが弾き捲るTasteこそ このFestivalの白眉ではないかと今も思っています。
特に1分27秒辺りからの盛り上がりは特筆に価します。

それはそうと
 Monterey Pop Fes.を唄ったのは 英国のEric Burdon
 そしてWoodstock Fes.は カナダのJoni Mitchell
 さらにIsle Of Wight Fes.といえば フランスのMichel Delpech
 (ただし1969年のBob Dylan & The Band出演を唄ったもの)
と なぜか他国の方々の楽曲ばかりです。 発展途上国だった日本の東京五輪音頭世界の国からこんにちはのような盛り上がりはなかったのですね。
念のため 申しておきますが 日本ではMonterey Pop Fes.やWoodstock Fes.に比し Isle Of Wight Fes.の認知度が低いのは「Michel Delpechのふやけた楽曲の所為では」などと思っているわけでは決してありません。

たとえSandie Shaw嬢が歌っても やはりHippie Hippie Pieのところが苦手です...

ということで ワイト島に程近いドーセットを舞台とした「破壊者 / ミネット・ウォルターズ」を海外推理小説に追加しました。

1308breaker

破壊者 / ミネット・ウォルターズ
(東京創元社 2011)
主人公:ニック・イングラム(巡査)

英国南西部ドーセット州の入り江に女性の全裸死体打ち上げられました。 さらに20キロほど離れた港町で幼女が保護されます。 遺体解剖の結果 デートレイプドラッグの痕跡が認められ 強姦され 扼殺されかけ 指を折られた挙句 海にうち捨てられたことが判明。 二人は私の妻と子ではと夫が名乗り出て 夫と遺体発見通報者の俳優に嫌疑が。 地元巡査とドーセット州警察の警部補がそれぞれの立場から 真相解明に注力。 光市母子殺害事件を連想してしまい 少々複雑な思いが...

|

« 断腸亭日乗 昭和20(1945)年 8月15日より | Main | なんのかのと言っても 「噂の真相」は藤圭子さんの味方でした »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76057/58015473

Listed below are links to weblogs that reference Sinner Boy & Gambling Blues / Taste:

« 断腸亭日乗 昭和20(1945)年 8月15日より | Main | なんのかのと言っても 「噂の真相」は藤圭子さんの味方でした »